文字サイズ

巨人・原監督 広島戦5連敗「過去はあまりここで語っても仕方がない」

9回、代打・巨人・阿部慎之助も実らず厳しい表情の巨人・原辰徳監督=東京ドーム(撮影・金田祐二)
劣勢にさえない表情の巨人・原辰徳監督=東京ドーム(撮影・金田祐二)
岡本(手前)の不調に厳しい表情を見せる原監督(左から2人目)=撮影・金田祐二
3枚3枚

 「巨人5-7広島」(25日、東京ドーム)

 巨人は猛追届かず、広島に2連敗。首位・広島とのゲーム差が3に開いた。

 先発メルセデスが四回途中5失点で降板の誤算だった。打線は6点を追う八回に猛反撃に出る。山本の1号ソロ、中島の犠飛で2点を返してなお、1死二塁。ここで坂本勇が左翼席へ打った瞬間に確信する16号2ラン。王者カープに食い下がり、4点を返し、一気に2点差まで迫った。だが、反撃はここまでだった。

 原監督は試合後「最後まで粘り強くという点ではよかったが、ちょっと前半に先発投手が。(失点が)重かったというのはあるでしょうね」と先発陣の奮起に期待した。

 広島戦は開幕3連戦で勝ち越ししたが、4月17日の熊本での試合から5連敗となった。開幕との違いを問われ「過去はあまりここで語っても仕方がない」と、厳しくはねつけた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス