文字サイズ

東海大相模が関東大会初V 鵜沼が初球先頭打者弾を含む2安打2打点

 初球を捉え、先頭打者アーチを放った東海大相模・鵜沼
1枚拡大

 「春季高校野球関東大会・決勝、東海大相模7-3東海大菅生」(23日、大宮公園野球場)

 東海大相模が東海大菅生との“東海大”対決を制し、初優勝を飾った。1番・鵜沼魁斗外野手(2年)が初球先頭打者本塁打を含む2安打2打点。甲子園で春夏4度の全国制覇を誇る名門が、決勝5度目にして頂点に立った。

 豪快な号砲で主導権を握った。プレーボール直後の第1球を鵜沼が強振。「迷わず振り抜きました。気持ちいい」と左翼へ人生初の先頭弾を突き刺した。六回にも左中間への適時三塁打。「負けられない」という付属校同士の戦いで、チームに勢いをもたらした。

 ケガの功名だ。冬場に腰を痛めた間、下半身を中心にトレーニング。効果はスイングスピードに表れ、約10キロアップの140キロ台前半にまで達した。たくましくなった切り込み隊長が夏4年ぶりの聖地にも導いてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス