文字サイズ

楽天が9試合ぶりの先制点 銀次が2点二塁打「つなぐ意識で」

 1回、銀次が左中間に先制の2点二塁打を放つ
1枚拡大

 「日本ハム-楽天」(21日、札幌ドーム)

 楽天が9試合ぶりの先制点を奪った。初回2死から浅村の四球を起点に二、三塁の好機を作ると、銀次が日本ハム先発・金子から左中間を破る2点適時二塁打を放った。

 貴重な先制点をたたき出した主将・銀次は「打ったのはスライダー。つなぐ意識で打席に入りました。コンパクトにスイングできましたね。先制できて良かったです」と笑顔で話した。

 今季、ここまで両リーグ最多の14度の逆転勝利を誇る楽天だが、5月には行って先発陣の不調もあり、この試合まで8試合連続で相手に先制点を与えていた。後手に回る展開が続いていただけに、チームにとって大きな一打となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス