文字サイズ

大阪桐蔭前主将の早大・中川卓がリーグ戦初適時打で初打点、初マルチも

2回、リーグ戦初適時打で初打点を挙げ、二塁ベース上で喜ぶ早大・中川卓
8回に右前打を放ち、リーグ戦初マルチを記録した早大・中川
2枚2枚

 「東京六大学野球、早大5-3法大」(19日、神宮球場)

 早大のルーキー・中川卓也内野手(1年・大阪桐蔭)が“初尽くし”でチームの勝利に貢献した。二回1死一、二塁での第1打席。「チャンスは好き。楽しんで、思い切って打席に立ちました」と左中間を破る先制適時二塁打を放った。

 リーグ戦初打点を初タイムリーで飾り、二塁到達後にベンチへ向かって両手で大きくガッツポーズを作った。八回の先頭で迎えた第4打席ではスライダーをうまく右翼へ運び、初マルチ。「調子が悪い中でも、しっかり2本出た」と笑顔を見せた。

 ここまで全試合スタメン出場ながら、第5週終了時点で打率0割台と規定到達した選手の中で最下位に沈んでいた。大学野球のレベルに苦戦しながら打撃フォームやメンタル面で試行錯誤。「絶対にめげない」と試合後も修正に励んだ。

 もがきながらも変えなかった部分もある。打席に入る前にバットの先をホームベース付近でつつき、体を大きくのけぞらせるルーティン。大阪桐蔭時代からおなじみで「やらないといろいろな確認であったり、自分の中でゾーンに入れない」。ぶれない姿勢が結果を呼び込んだ。

 小宮山悟監督は「(中川卓が)4年生のときに周りから見てさすがだな、という選手にさせないと」と大きな期待で起用し続ける。田中浩康コーチからも「打率は過去のことだから」と励まされた。「フレッシュマンらしく頑張りたい」と中川卓。優勝の可能性はなくなったが、18年に主将として甲子園春夏連覇した好打者が復調気配を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス