文字サイズ

高校野球で白スパイク解禁 熱中症対策で「足元も見なくては」

 2020年春のセンバツから、大きな大会でホワイトカラースパイクが解禁となる
1枚拡大

 日本高野連は15日、大阪市内で定時評議委員会と第2回理事会を開催し、20年3月20日から「ホワイトカラースパイク」の使用可能が決まったことを発表した。これまでは「高校野球用具の使用制限」で規定されていたブラックのみだったが、熱中症対策の一つとして、技術・振興委員会で議論されてきた中で今回の決定に至った。

 日本高野連の竹中事務局長は「熱中症とこれだけ言っているので、足元も見なくては。見た目も涼しげですし。実際に涼しいですから」と説明。高野連では今夏の甲子園大会に関しても、甲子園球場のアルプススタンドの床面に遮熱塗装を行うなど、毎年熱中症対策に取り組んできておりその一環でもある。

 今回のホワイトスパイクに関しては、今夏ではなく来年度からの解禁となる。実際に大きな大会で球児の足元に変化が見られるのは20年度の春のセンバツからとなるが、これまで黒一色だったこともあり、大きな改革とも言える決定となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス