文字サイズ

楽天7点差ミラクル大逆転 ドラ1辰己プロ初サヨナラ!逆転2点二塁打

 サヨナラ二塁打を放ち喜ぶ辰己(中央)=撮影・大泉謙也
1枚拡大

 「楽天8-7ソフトバンク」(8日、楽天生命パーク宮城)

 1点差に迫り、なお1死満塁で打席を迎えた。九回、楽天のドラフト1位ルーキー・辰己(立命大)が森の甘く入った速球を振り抜く。強烈な打球は中堅手の頭上を越えて弾み、ワンバウンドでスタンドに飛び込んだ。プロ2度目の猛打賞となる2点二塁打がプロ初のサヨナラ打となった。

 球団初となる最大7点差からの逆転劇を完成させ「サヨナラ打はこれまで(の野球人生で)記憶にない。こんなに最高とは思っていなかった」と喜んだ。

 四回表まで0-7の苦しい展開だった。それでも首位ソフトバンクを相手に諦めず、じわじわ点差を縮める。辰己も二回に内野安打、六回に左前打を記録し、感触良く九回を迎えていた。6日の西武戦でプロ初本塁打を記録した勢いそのままに、再び殊勲の働き。

 平石監督は「打席で迷いがない。本当に見事な打撃」と絶賛した。

 ソフトバンク戦は1日からの3連戦で1勝2敗と負け越していた。試合前の円陣では浅村が声出しを行い、雪辱への思いをチーム一丸で深めた。辰己は「やられた分、やり返したかった。選手全員で何とかしようとしていた。その姿についていった」とうれしそうに話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス