文字サイズ

スーパー1年生の高知・森木は2回1失点 チームは初戦敗退「高めに浮いて打たれた」

 「春季高校野球四国大会・1回戦、高松商8-6高知」(3日、松山中央公園野球場)

 中学3年時に軟式球で150キロを出した高知のスーパー1年生右腕・森木大智投手が公式戦デビュー。八回から3番手でマウンドに上がり、2回を3安打1失点、1奪三振、直球は最速145キロをマークした。試合は接戦の末に今春センバツ出場の高松商に敗れ、初戦で姿を消した。

 八回は無失点に抑えた森木は九回、相手の4、5番打者に連打を浴びると、1死二、三塁から遊撃へのゴロが野選となって1点を失った。5-8で迎えた九回の攻撃では、1点を返してなおも2死一、三塁のチャンスで打席が回ったが、森木は遊ゴロに倒れてゲームセットとなった。

 試合後、森木は「負けている状況で流れを変えたかったが、ボールが高めに浮いて打たれた。公式戦は相手の向かってくる気持ちが違った」と反省。「夏に向けて(調子を)上げていきたい」と前を向いた。

 ネット裏ではプロ6球団のスカウトが視察。阪神・山本スカウトは「腕が振れているし、変化球もいろんな球種を持っていて器用さがある。これからが楽しみ。大きく育ってほしい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス