文字サイズ

ヤクルト・高橋、今季初黒星も…中盤まで好投に「1軍でもできたのは収穫」

DeNA打線に捕まり6回途中で降板したヤクルト・高橋(右)=撮影・開出牧
2枚

 「DeNA5-1ヤクルト」(1日、横浜スタジアム)

 ヤクルトの先発・高橋奎二投手が、六回途中6安打5失点で今季初黒星を喫した。

 三回に大和の適時打で先制を許したものの、テンポ、制球ともによく五回までは3安打1失点。しかし、六回にソトの適時二塁打で2点目を失うと、2死までこぎつけながら宮崎にも適時二塁打を浴び、KOされた。

 「六回は粘れなかった。スライダーが甘くなって石川さんに(中前打を)打たれたのが悔いが残る。3~5番の前に走者を出してしまった」とポイントを挙げた左腕。それでも、今季3度目の先発で初めて試合を作り「力みをなくして投げることをファームでやってきて、1軍でもそういうことができたのは収穫。ピンチでも抑えられるようになれれば」と手応えも口にした。

 田畑投手コーチも「もったいない点の取られ方はしたけど、よかったんじゃないかな」と評価。今後の先発についても「もちろん」とチャンスを与えることを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス