文字サイズ

巨人・原監督「恐怖の8番打者だね」打率・415の小林を絶賛

 9回、左越えソロを放った丸(右)を祝福する原監督(撮影・西岡正)
2枚

 「ヤクルト0-9巨人」(23日、神宮球場)

 巨人・原辰徳監督が、打撃絶好調の小林誠司捕手を絶賛した。

 3点リードの八回、1死二、三塁。この日、3安打目は左前へ貴重な2点適時打。勝利を決定づけると、九回も2死一、二塁で左前適時打。安打を量産した小林自身も塁上で首をひねり、笑みを浮かべた。

 開幕前は打撃が課題とされてきたが、スタメン起用された試合で結果を出し続けている。キャンプ中からマンツーマン指導を行ってきた指揮官も満足げ。「恐怖の8番打者だね」と、うなずいた。

 小林は19日の阪神戦(甲子園)でプロ初4安打と大暴れしたばかり。この日もミートに徹して、5打数4安打3打点。これで41打数17安打、規定打席には未到達ながら打率・415となった。

 先発の山口俊も8回1安打無失点の好投。チームは3戦連続完封で4連勝を飾り、指揮官は「全てが良かったですね。今日は」と、言うことなしだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス