文字サイズ

日本ハム・輝星 ロッテ・藤原とドラ1対決で2K圧倒「ストレート勝負」

 1回、藤原(右)から空振り三振を奪った吉田輝
1枚拡大

 「イースタン、日本ハム8-4ロッテ」(13日、鎌ケ谷スタジアム)

 甲子園の借りをプロの舞台で返した。日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が、イースタン・ロッテ戦に先発。3回2失点ながら、ロッテ同1位の藤原(大阪桐蔭)とのプロ初対戦では2三振を奪い、圧倒した。

 昨夏の甲子園決勝で4打数3安打2打点と打ち込まれた相手。リベンジに燃えていた。「ライバルという意識で対戦した。絶対打ち取ってやる」と強い決意でマウンドに。初回の1打席目はオール直球で勝負。最後は145キロ直球で空振り三振。2打席目も直球で見逃しの三振に仕留めた。「分かっていてもストレート勝負。自信を持っているから勝負ができた」と直球の威力を見せつけた。2打席連続の3球三振に、荒木2軍監督も「ああいうものを続ければいい」と頬を緩めた。

 「丁寧に投げていた。(お互いが)これからだと思うので力をつけたい」と藤原。吉田輝は「早く1軍でやり合えればいいなと思います」と、近い将来に1軍で対戦できることを心待ちにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス