文字サイズ

日本ハム・王柏融 犠飛で執念ドロー「最低限の仕事できた」

 7回、王柏融が左犠飛を放つ
1枚拡大

 「ソフトバンク3-3日本ハム」(9日、長崎県営野球場)

 日本ハム・王柏融が貴重な同点犠飛を放った。1点ビハインドの七回1死二、三塁。獲物は代わったばかりのモイネロだ。カウント1-1からの3球目、甘く入ってきた変化球をスイング。白球は左翼へと舞い上がり、大田が3点目のホームを踏んだ。

 「絶対に外野まで飛ばそうと思っていました。最低限の仕事ができて良かったです」

 栗山監督も「ボーロンの技術の高さ。大きかったですね」と絶賛する大仕事だった。試合終盤にかけて雨脚が強まり、延長十回無死の場面で降雨コールドが決定。今季2度目の引き分けとなっても、ナインは明るかった。

 先発・上原が五回途中2失点(自責0)と力投し、中継ぎ陣も執念の継投。次戦につながる長崎の夜だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス