文字サイズ

智弁和歌山 雨中の戦い制して2年連続8強 110分の中断で阪神園芸にも拍手

 ベスト8進出を決め、アルプススタンドに駆け出す智弁和歌山ナイン(撮影・坂部計介)
3枚

 「選抜高校野球・3回戦、智弁和歌山5-2啓新」(30日、甲子園球場)

 智弁和歌山が雨中の戦いを制し、準優勝した昨年に続き、2年連続でベスト8に進出した。

 初回に無死一塁から2番・西川晋太郎内野手(3年)が左中間に適時二塁打を放って1点を先制。二回裏の啓新の攻撃終了後に1時間50分に渡る降雨中断のあと、五回には2死満塁から9番・綾原創太内野手(2年)の左前適時打で2点を追加した。

 さらに七回、2死一、三塁から1番・細川凌平外野手(2年)が左中間を破る2点適時三塁打を放ってリードを5点に広げた。

 投げてはエース・池田陽佑投手(3年)が6安打2失点で9回を完投した。

 すでに市和歌山も準々決勝進出を決めており、和歌山勢2校の8強入りは1938年以来、81年ぶり4度目。

 啓新は九回に2点を返したが、反撃は届かず。初出場で8強進出はならなかった。

 智弁和歌山は準々決勝では明石商と対戦する。

 この試合、内野の土はぬかるんだ状態となったが、阪神園芸のグラウンドキーパーも奮闘。新しい土を入れるなど約1時間の整備を懸命に行った。甲子園の名物でもある阪神園芸が登場した際には、スタンドからは歓声と拍手が沸き起こった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス