文字サイズ

斎藤佑樹、メジャーに被弾で「失投でした」 2回1失点も「四球を少なくしないと」

1回アスレチックス2死一塁、昨季のア・リーグ本塁打王のデービスを中飛に抑えた日本ハム・斎藤佑樹=東京ドーム(撮影・出月俊成)
2回アスレチックス無死、ピスコッティに左越えをソロを浴びた日本ハム・斎藤佑樹=東京ドーム(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 「プレシーズンゲーム、日本ハム-アスレチックス」(18日、東京ドーム)

 日本ハム・斎藤佑樹投手が先発し、2回1安打1失点。二回、ピスコッティに左翼席に運ばれる本塁打を浴び、実戦での無失点と無安打は、この試合の初回までの8イニングスで途切れた。「ホームランを打たれたボールは失投でした」とコメントした。

 マリナーズとの開幕戦を控え、本気モードのアスレチックスとの対戦。初回は四球で1人走者を出したものの、昨年ア・リーグの本塁打王を獲得したデービスを中飛に打ち取り無失点で切り抜けた。

 続く2回。先頭のピスコッティに左翼席に運ばれ失点した。ただ、2回で許した安打はこの1本のみだった。

 降板後、「ホームランを打たれたボールは失投でした。もっと慎重に投げればよかったと反省しています」と振り返るコメントを出した斎藤。「コースというより、指のかかりが弱かったですね。全体的に振り返って、もっと四球を少なくしないといけない。今日はストライクゾーンで勝負できたところ、できなかったところがあるので、そこを次の登板の課題にしたいです」と反省点を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス