文字サイズ

ロッテ 野球スクール事業でリーフラスとの提携に合意

ロッテ・山室晋也社長(後列左から3人目)と(株)リーフラス・伊藤清隆社長(同4人目)
1枚拡大

 ロッテは16日、(株)リーフラスと、未就学児から小学生を対象としたベースボールスクールの事業提携に合意したと発表した。

 千葉県下での野球の底辺拡大と新たなファンの獲得を目的としているが、全国で子供向けスポーツスクールを展開しているリーフラスとタッグを組む。

 今回合意した内容は「マリーンズ・ベースボールアカデミー」とのオフィシャルパートナー契約締結と、リーフラスが千葉県下で展開している3歳~6年生までを対象としたベースボールスクールを「マリーンズ・ベースボールアカデミー」のフランチャイズ校として展開するというものだ。

 フランチャイズ校のスクールの運営・展開はリーフラスが行い、今後は「マリーンズ・ベースボールアカデミー」のコーチ陣によるフランチャイズ校コーチへの指導者講習会の実施、合宿や特別レッスンへのコーチ派遣、ZOZOマリンスタジアムで開催されるプロ野球試合の招待、および試合開始前の練習見学会を開催する。

 また、コラボユニホームを着用し、ロッテ公認のベースボールスクールとして活動を行う。

 リーフラスは千葉県下で22スクール、生徒数約300人。今回の業務提携はソフトバンク、楽天に次いで3球団目となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス