文字サイズ

巨人・菅野、圧巻の6回2安打無失点 前回炎上も小林とのバッテリーで修正

 5回2死、福田の折れたバットをよける菅野
ソフトバンクとのオープン戦に先発した巨人・菅野=ヤフオクドーム
2枚2枚

 「オープン戦、ソフトバンク-巨人」(14日、ヤフオクドーム)

 前回8日のオリックス戦(京セラ)で4回6失点と炎上した巨人・菅野智之投手が、6回2安打無失点としっかりと修正してきた。

 この日は2日・ヤクルト戦(東京ド)で3回完全投球を見せた小林とのバッテリー。3月29日の広島との開幕戦に先発するエースは、初回先頭の上林を空振り三振に仕留めてリズムに乗ると、続く今宮は見逃し三振。二回も2三振を奪うと、三回からは打たせて取る投球を続けた。六回にアンラッキーな内野安打2本を浴びて無死一、三塁のピンチを迎えたが、ここでも後続を打ち取り、無失点で切り抜けた。五回までは50球で完全投球。結局68球、2安打無失点でマウンドを降りた。

 前回登板では炭谷とオープン戦2度目のバッテリーを組み、4回9安打6失点と炎上した。炭谷とは初バッテリーとなった2月23日・楽天戦でも2回2失点。相性が悪いと言われかねない内容となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス