文字サイズ

今秋ドラフト候補の立大・藤野 プロ入り猛アピールだ「負けたまま終わりたくない」

 同級生バッテリーとして健闘を誓い合った立大・藤野(左)と田中誠
1枚拡大

 今秋ドラフト候補の立大・藤野隼大(はやた)捕手(3年・川越東)が17日、埼玉・新座市内の同大グラウンドで始動した。 

 一般就職の進路も考えていたが、東海大・海野、東洋大・佐藤、慶大・郡司ら、ライバル捕手の存在が刺激になり、競技続行を決断。「負けたままでは終わりたくない」と侍ジャパン大学代表で正捕手の座を狙う。この日は、練習初日から振り込み。キャリアハイの成績を残し、プロ入りを猛アピールする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス