文字サイズ

楽天平石監督、先輩・田尾氏から“しくじり話”で激励「オーナーの言うこと聞くように」

大学の先輩・田尾氏から花束を贈られた平石監督(右)
1枚拡大

 楽天・平石洋介監督(38)が13日、京都市内のグランドプリンスホテル京都で行われた同志社大学野球部OB主催の激励会に出席した。

 激励会の発起人の1人であり、05年に楽天初代監督も務めた大学の先輩・田尾安志氏から花束を贈られると、田尾氏は「1年でも長く監督としてユニホームを着てもらいたい。そのために、オーナーの言うことも少し聞くように」と自身が三木谷オーナーとの意見の相違や成績不振もあり、1年で解任された“しくじり話”をネタにしたアドバイスで場内の笑いを誘った。

 激励会では同じく大学の先輩であるヤクルト・宮本慎也ヘッドコーチ、前阪神ヘッドコーチの片岡篤志氏からもビデオメッセージで平石監督を激励。チアOBの演舞などでも盛り上がり「本当に元気をもらいました」と平石監督も笑顔が絶えない会となった。

 新監督として臨むシーズンへ「現役時代はほとんど結果を残せず、チームに貢献できなかった。やるからには優勝、日本一を目指して、みなさんに何かを感じてもらえるチームにしたい」と意気込みを示していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス