文字サイズ

大阪桐蔭・西谷監督が語る ロッテドラ1藤原恭大「足の速さは今まで一番」

 大阪桐蔭からプロ入りする(左から)柿木蓮、藤原恭大、根尾昂、横川凱
1枚拡大

 大阪桐蔭は昨年、史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を果たした。中心となった柿木蓮投手(18)、横川凱投手(18)、根尾昂内野手(18)、藤原恭大外野手(18)は昨秋のプロ野球ドラフト会議で夢を叶えた。西谷浩一監督(49)がキャンプに備えて自主トレに励んでいる4人へのエールや、思い出を語った。2回目はロッテ1位・藤原。

 -入学時の藤原を見た印象は。

 「年々速くなっているんですけど、足は中学生の時から本当にすごくて、パワーもありました。不器用なところもあるので、タイミングの取り方とか課題はありましたが、身体能力で言うとかなり高いです。足の速さは今まで(の選手で)一番ですね」

 -印象的な場面は。

 「僕が初めて藤原の試合を見たのが、(中学の)枚方ボーイズの試合でした。ちょっと詰まった二塁正面のゴロで、楽々アウトかと思って見ていたら、セーフになりかけました。『えぇ!?』ってなりましたね。同じチームの(報徳学園)小園くんも速かったけど、藤原はもう1つ速かった。足が速い子って案外、パワーがない選手もいるじゃないですか。藤原のように両方ある子ってなかなかいませんね」

 -根尾もスピードはある。

 「藤原の方が速いです。根尾は50m6秒ジャスト、藤原5秒7なんぼで行く。5秒8は切りますね。二塁なんかもっと速いですよ」

 -パワーもある。藤原は飛距離の話題になると、「引っ張ったら僕で、逆方向は根尾の方が飛ばします」と言っていた。

 「あいつら、そんなんばっかでしょ(笑)。確かに根尾は逆方向が伸びますね。藤原はグラウンドの右翼後方のネットを余裕で越えますね」

 -西谷監督は藤原に「打率8割は打て」と伝えていた。

 「森(西武)にはいつも10割打てと言っていましたよ(笑)。ボールを捉える力は、森が今までで一番でしたね。(藤原は)プロに行きたいなら8割ぐらい打てよ、ということですね」

 -打力も足もある藤原のすごさとは。

 「長所はすごく練習するところですね。逆に言うと、まだ不器用なところがあるので、なかなか掴めない、掴みにくいところも持っています」

 -センスの塊のように見える。

 「ある意味、僕らもそう思っていましたけど、天才的なものを持っているというより、彼は努力ですよ。全然やんちゃじゃないですし、練習はめちゃくちゃします。足はすごいですけど、それ以外は自分で作りあげてきたものだと思います。枚方ボーイズの練習を見に行けば行くほど、自分で作っていった子なんだなと思いましたから。本当にすごく練習する子です」

 -思い出は。

 「長く野球をした感じがしますね。藤原はずっと試合に出ていたんで。あの試合で本塁打を打ったとか、思い出はいっぱいあります。でも、毎日グラウンドで練習したり、夜に寮でバット振ったり。彼とはそういう練習しているイメージが残っていますね」

 -本人はトリプルスリー達成を目標に掲げている。

 「いやいや、そんな簡単にはいかんでしょう。でも、ただ足が速いだけの選手だけではなく、打てる外野手になって欲しいと思いますね。守りも含めて全部できる打者になって欲しいです」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス