文字サイズ

ソフトバンク・甲斐「もっと打ちたい」 目標は打率2割8分

 宜野座村立博物館で村に伝わる「松田の獅子舞い」の展示の前でポーズをとる甲斐
1枚拡大

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が11日、沖縄県内で行う自主トレを公開。今季は「打率2割8分以上」「守備率10割」と新たな目標を設定し、さらなる“武器”を携えた「フルアーマー甲斐キャノン」として、戦国パ・リーグの戦いに臨む決意を示した。

 「とにかく、もっともっと打ちたい。最低でも打率2割5分と言われるけど、物足りない。目標は2割8分。打ってチームに貢献できる捕手になりたい」

 昨季は「甲斐キャノン」が注目されるなど守備で2年連続の日本一に貢献したが、打率は.213と低調に終わった。「すべてスキルアップしたい」。もう強肩だけじゃない。甲斐キャノンからフルアーマー甲斐キャノンへ。温暖な沖縄の地で全装備をチューンアップさせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス