文字サイズ

オリックスのドラ1太田が入団会見 吉田輝星との対戦を希望「いい投手」

オリックス・太田椋(右)は入団会見を終え父・暁さん(左)と写真に納まる=帝国ホテル大阪(撮影・山口登)
入団会見を終え、ポーズを決めるオリックス・太田椋=帝国ホテル大阪(撮影・山口登)
フォトセッションでポーズを取る(前列左から)オリックス・太田椋、オリックス・頓宮裕真、(中列左)オリックス・荒西祐大、(中列右)(後列左から)オリックス・中川圭太、オリックス・宜保翔、オリックス・西村徳文監督、オリックス・左沢優、オリックス・漆原大晟=帝国ホテル大阪(撮影・山口登)
3枚3枚

 オリックスは15日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団会見を行った。

 ドラフト1位・太田椋内野手(17)=天理=は、対戦したい投手に同級生で日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手の名前を挙げた。

 「甲子園を見ていていい投手だな、と思ったので」。太田は今夏の甲子園に出場できなかったが、同世代で屈指の実力を持つ右腕と、1軍で対戦することを夢見た。

 父・暁さんは元近鉄で、オリックス打撃投手を務めている。「早く1軍に上がって父の球を打ちたいと思います。父から『プロは厳しい』と言われているので、努力を重ねたいと思います」と声をはずませた。

 力強い打球を広角に打ち分け、高校通算31本塁打を放った右打ちの遊撃手。自身と同じくドラフト1位指名を受けた同級生遊撃手の根尾昂内野手(中日)、小園海斗内野手(広島)に追いつき、追い越す決意でプロの世界に飛び込む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス