文字サイズ

渡辺恒雄主筆が5カ月ぶりに公の場に登場 “死亡説”を払しょく

プロ野球巨人の原辰徳監督の野球殿堂入りを祝う会に出席し、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(右)と言葉を交わす安倍首相=10日午後、東京都内のホテル(代表撮影)
1枚拡大

 読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄氏(92)が10日、都内ホテルで行われた巨人・原辰徳監督の殿堂入りを祝うパーティーに出席。11月中旬にネット上で“危篤説”や“死亡説”のうわさが広がっていたが、約5カ月ぶりに公の場に姿を見せた。

 原監督は冒頭のあいさつで渡辺主筆にも感謝。「本日は渡辺主筆も久々にお会いしまして、ご無沙汰しております」と呼びかけると、会場の渡辺主筆も左手を挙げてうなずいた。渡辺主筆の話題を続け、「いつも監督の時、いい成績であっても悪い成績であってもお話、報告しにいき、いろいろなお話を聞きました。野球の話は本当にご報告、10分くらい。あとは主筆の経験談や社会情勢、経済、政治であったり、私は楽しくて、自分が悩んでいることもたいしたことはない。勇気を持って来季もジャイアンツの指揮を執ろうと思ったものです」と振り返った。

 渡辺主筆は自宅で転倒し、頸椎(けいつい)の一部を骨折。8月中旬から入院生活を送っていた。その後、11月になってインターネット上で渡辺主筆が亡くなったという噂が広まり、球団の山口寿一オーナーが「非常にデマが流れて、うちの新聞社にも取材が殺到した。全くのデマなんだよね。亡くなったということもあり得ないし、危篤ですらなかった状態で、事実とは全く違う情報が流れた」と打ち消す事態となっていた。

 この日、取材対応はなく、山口オーナーによると入院先の病院から駆けつけたという。痩せた様子だったが「帰る時は自分で歩いて帰っていきました」と明かした。

 渡辺主筆が公の場に姿を見せたのは、7月6日、東京ドームでの試合を観戦して以来この時は苦しい戦いをしていた高橋由伸前監督を擁護し、「高橋はよく(選手を)観ている。一人、一人、(選手の現状や課題を)全部知っていて。名監督だよ。監督はよくやっている」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス