文字サイズ

オリックス後藤、600万円ダウンに悲壮感「1軍の価値、もう一回確認できた」

600万円ダウンでサインした後藤
1枚拡大

 オリックス・後藤駿太外野手が7日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み、600万円ダウンの2300万円でサインした。

 「初めてこれだけ2軍で過ごした。納得はしていない。1軍にいることの価値というのをもう一回、確認できた。宗が出てきて、西村とか山足とか打てる選手が外野にまわされている。対抗するためにもアピールしないといけない。キャンプは低い評価からのスタートになると思う。キャンプが1番大事だと思ってやっていけたら」と語った。

 後藤は今季33試合と6年ぶりに100試合以下の出場にとどまり、打率・216、本塁打、4打点の成績に終わった。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス