文字サイズ

オリックス ドラ6左腕・左沢が契約金3500万円で仮契約「右左問わず内角攻める」

 オリックスからドラフト6位指名された左沢優投手=JX-ENEOS=が3日、横浜市内の新横浜プリンスホテルで入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。

 相模原市出身で、社会人までずっと神奈川を本拠にプレーしてきた。初となる関西についての印象を聞かれると、「未知の世界」と即答。大学時代の先輩である阪神・岩貞にはドラフト指名後に自ら連絡し、「『同じ関西だな。ご飯行こうな』と言われました」と頼もしい言葉を受けた。

 「左沢」という名字は全国的にも珍しく、両親の出身地である岩手にも2軒のみだという。くしくも4歳のころ遊んでいたときに負った脱臼の影響で、「基本的には右(利き)」ながら小1から野球では左投げ左打ちだ。

 最速147キロの直球に加え、得意のスライダー、ツーシームなど4種類の変化球を駆使して勝負する。「どんな場面でも強気で、右(打者)、左(打者)問わずインコースを攻めていくところ」と強心臓な部分も売りだ。

 下位指名ながら、中川スカウトグループ長は「すぐに中継ぎで入ってもらわないといけない」と大きな期待を寄せる。即戦力左腕は「勝ちゲームに携われるような相手に嫌がられるピッチャーになりたい」と意気込んだ。“左投げの左沢”として、1年目からフル回転を誓う。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス