文字サイズ

楽天・則本、現状維持2億5000万円でサイン ポスティングの話題“封印”

 契約更改交渉を終え記者会見する則本
1枚拡大

 楽天・則本昂大投手(27)が30日、楽天生命パークで契約更改交渉に臨み、現状維持の2億5000万円でサインした。来季が3年契約の最終年となるエースは、来オフにポスティングシステムでのメジャー挑戦を球団と話し合う条項が契約に盛り込まれているが、この日はその話題を“封印”した。

 「そんなことを考えている暇はない」。メジャー挑戦に関する質問を振られると、右腕は口を真一文字に結んだ。今季は5年連続奪三振王を記録し、6年連続2桁勝利となる10勝を挙げたが、チームは最下位に沈み、「プロ野球生活の中で一番悔しく、情けないシーズンでした」エースとしての責任を痛感した。「どんなタイトルより優勝が欲しい。優勝するために投げるだけ」と、目の前のなすべき仕事に全力を注ぐことを強調した。

 今オフも例年通りヤンキース・田中と合同自主トレに臨み、新年のスタートを切る。則本は6年ぶりのリーグ優勝、日本一だけを見つめている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス