文字サイズ

MVPはセが2年連続で広島・丸、パは西武・山川が初選出

フォトセッションでカメラマンの注文に耳を傾ける広島・丸佳浩(左)と西武・山川穂高=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・園田高夫)
MVPを獲得し、笑顔で握手を交わす広島・丸佳浩(左)と西武・山川穂高=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 プロ野球のNPB AWARDSが27日、都内ホテルで行われ、今季のMVP(最優秀選手賞)を発表。セ・リーグは広島・丸佳浩外野手(29)が2年連続2度目、パ・リーグは西武・山川穂高内野手(27)が初選出された。

 丸は不動の3番としてチームの3連覇に貢献。125試合に出場し、打率・306、39本塁打、97打点、10盗塁。本塁打と打点はいずれも自己最多をマークした。丸の2年連続受賞は、セでは08年と09年の巨人・ラミレス(現DeNA監督)以来、9年ぶり。

 一方、山川は開幕から全試合で4番を任され、チームを10年ぶりのリーグ制覇に導いた。143試合に出場し、打率・281、47本塁打、124打点。規格外のパワーで初の本塁打王に輝いた。西武からのMVP選出は、02年のカブレラ以来、16年ぶりとなった。

 広島・丸「大変光栄に思っています。この賞を受賞できたのも日々、ご指導いただいています監督をはじめ、コーチのみなさん、そして選手をサポートしてくれるチームスタッフの皆さん、そして新井さんをはじめとするチームメートのみなさん、家族、ファンの方々の声援があったからこそ取れた賞だと思っています。来シーズンは、なかなかこういう賞を取ることは難しいと思いますが、またこの場に立てるようにまた頑張っていきたいです」

 西武・山川「まさかとれるとは思ってなかった。すごくうれしいです。来年もとれるように頑張りたいです」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス