文字サイズ

侍初招集の岡本 松井氏の前で一発に「素直に嬉しい」

3回、ソロを放ち三塁を回る岡本=ナゴヤドーム(撮影・堀内翔)
4回、MLB選抜・松井ベースコーチ(左)から声をかけらる岡本=ナゴヤドーム(撮影・堀内翔)
3回日本代表無死、岡本が左中間にソロを放つ=ナゴヤドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日米野球、侍ジャパン6-5MLBオールスター」(14日、ナゴヤドーム)

 侍ジャパンが逆転勝利。対戦成績を4勝1敗として勝ち越しを決めた。勝ち越しは14年の日米野球から2大会連続。岡本が侍ジャパン初アーチを放てば、甲斐が2本のタイムリー。稲葉監督は「みんなの気持ちがひとつになって逆転劇になっていると思います」と選手を称えた。

 まずは、侍初招集の岡本が期待に応えた。2点ビハインドの二回の先頭打席。1ボールからMLB選抜の先発・ゲラが投じた外角高めの直球をフルスイング。ライナー性の打球は瞬く間に中堅バックスクリーンへのソロ本塁打。「5番・一塁」でのスタメン起用にバットで応えた。

 打撃指導を受けたこともあるMLB選抜・松井コーチの前での一発でもあり「(松井氏の)目の前にして、打つことができて、素直に嬉しい気持ちです」と充実感を漂わせた。

 4点ビハインドで迎えた七回先頭打席では右前打。この後の甲斐のタイムリー、代打・山川の同点2点二塁打の起因となった。

 打撃修正の効果が出た。この日の試合まで11打数1安打。「今までは、ちょっと体とバットが離れていて。それを体の近くを通すことを意識して打撃練習をして。それのおかげというか、今日のホームラン、ヒットもいい方向に逆らわず素直に打ち返せて良かった」。自らのバットに手応えを感じている様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス