文字サイズ

立正大が9年ぶり2度目V!DeNA2位・伊藤裕が逆転2ランに涙 明治神宮大会

8回立正大1死一塁、左越えに勝ち越し2ランを放ち、ベンチへ向かってバンザイする伊藤裕季也=神宮球場(撮影・西岡正)
8回立正大1死一塁、左越えに勝ち越し2ランを放ち、ベンチへ向かってバンザイする伊藤裕季也=神宮球場(撮影・西岡正)
明治神宮大会で優勝し、ナインに胴上げされる立正大・坂田精二郎監督=神宮球場(撮影・西岡正)
3枚3枚

 「明治神宮野球大会・大学の部決勝、立正大6-4環太平洋大」(14日、神宮球場)

 立正大(東都大学野球連盟代表)が、環太平洋大(中国・四国3連盟代表)を劇的な逆転勝ちで破り、初出場初優勝した09年以来2度目の優勝を果たした。

 1-1の六回に3点を勝ち越されて劣勢ムードだった。それでも七回に1点を返すと、八回に集中打で試合をひっくり返した。

 1死三塁は、楽天7位の3番・小郷裕哉外野手(4年・関西)が1点差に迫る中前適時打を放った。

 さらにDeNA2位の4番・伊藤裕季也内野手(4年・日大三)が、初球を捉えて左翼席へ逆転2ラン。打った直後に一塁ベンチへガッツポーズする完璧な一発で、この試合初めてリードを奪った。

 七回から登板した2番手・渡部勝太投手(2年・上尾)が2回無失点の好リリーフを見せ、九回は糸川亮太投手(2年・川之江)が締めくくった。

 伊藤裕は試合後のインタビューで感極まって涙を流し、「素直に嬉しいです。1年間苦しくて…。何が何でも日本一と思っていたので嬉しいです。これ以上、苦しいことはないくらいの4年間でした。どんな苦しいことがあっても頑張っていきたい」と話した。

 監督として母校を優勝へ導いた坂田精二郎監督は「選手がよくやってくれて感極まりました。うれしいの一言です。時間を掛けてチーム作りをして、こうして結果が出たので嬉しい。4年生が最後まで引っ張ってくれて感謝しています」と話した。

 立正大は今大会の初戦となった2回戦で、広島ドラフト2位の九州共立大・島内颯太郎投手(4年・光陵)から、4番・伊藤裕が決勝2ランを放って勝利。準決勝では関西国際大に六回コールド勝ちして、決勝まで勝ち上がった。

 今大会の戦績は次の通り。

◆2回戦・立正大2-0九州共立大(九州3連盟代表)

◆準決勝・立正大12-1関西国際大(関西5連盟第2代表)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス