文字サイズ

オリックス・金子、2時間超交渉も…結論出ず 森川本部長「残ってもらいたい」

 球団事務所を無言で後にする金子
1枚拡大

 減額制限を超える提示を受けているオリックス・金子千尋投手(34)が5日、代理人とともに京セラドーム内の球団事務所を訪れ、このオフ2度目の交渉を行った。

 2時間を超える交渉を終え出てきた本人は報道陣を前にしかめ面を見せるだけで問いかけには無言。同席した森川球団本部長補佐も「いろんな話をしました。具体的にお話できることはありません。残ってもらいたいということは伝えました」と内容については明かさなかった。

 今季が4年契約の最終年。故障もありこの4年間で30勝30敗と大きく期待を裏切り、今季年俸5億円から3億円近いダウンを提示されている。一方で海外FA権も取得しているが行使も含めて結論は出なかったもよう。再度、交渉の場を持つという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス