文字サイズ

楽天・ドラ3引地、星野魂で165キロ目指す「熱く投げるのが好き」

 楽天にドラフト3位指名された引地秀一郎投手(18)=倉敷商=が29日、岡山県倉敷市の同校であいさつを受けた。今年1月に死去した星野仙一球団副会長(享年70)の母校の後輩にあたる引地は「星野さんの名に恥じないような投手になりたい」と、燃える男の魂を継ぐ覚悟を示した。

 「クールに投げるより、熱く投げるのが好き」。“星野二世”の異名にたがわぬ投球スタイルだ。生前の闘将と直接対面したことはないが、地元倉敷市で行われてきた秋季キャンプに何度も足を運び、大先輩の勇姿を間近で見てきた引地。「星野さんの分まで頑張る」と意気込んでみせた。

 運命に導かれた指名だった。「星野さんが天国で『獲らんかい!』って言っていたんじゃないかと思います」と山下スカウト。186センチの長身から繰り出す最速151キロの直球が武器だが、引地は「投手だったら大谷翔平さんの165キロを目指したい」と頼もしく語った。先輩にならって、みちのくに歓喜をもたらす存在になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス