文字サイズ

巨人・野上“珍プレー”でボーク 救援登板でまさかの転倒

 「セCSファイナルS・第3戦、広島-巨人」(19日、マツダスタジアム)

 巨人・野上亮磨投手が投球動作の途中で、まさかの転倒。珍プレーでボークを取られ、走者を二塁に進めてしまった。

 三回、2死一塁から登板。メヒアに2球目を投じようとした際に、踏み出そうとした左足がマウンドに引っ掛かり、そのまま転倒。クイックモーションではなかったが、“珍プレー”でボールを投げられず。主審がボークを宣告した。

 この後、暴投で走者を三塁に進めてしまったが、メヒアは投ゴロ。何とかピンチを切り抜けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス