文字サイズ

巨人 プラン通りの継投も…難しかった畠の代え時

8回途中、逆転を許し降板する巨人・畠=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「セCSファイナルS・第2戦、広島4-1巨人」(18日、マツダスタジアム)

 巨人が痛恨の逆転負け。アドバンテージを含めて0勝3敗となり、崖っぷちに追い込まれた

 先発の田口が6回1安打無失点。二塁すら踏ませない好投だったが、高橋監督はスタミナに不安のある左腕を思い切って交代した。だが、2イニング目に突入した畠が八回につかまり、代打・新井に同点の適時二塁打。さらに、菊池に決勝3ランを浴びた。

 結果的に、采配は裏目。ただ、デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「田口はこれまで、六回と七回に崩れることが多かった。同じ事を繰り返したら悔いが残るだろうし、思い切って七回で代えたのは理解できる。田口と全く違うタイプの畠の投入は効果的だったし、七回は抜群のでき。あの投球を見たら間違った選択ではなかった」と支持した。

 一方で、新井に同点打を浴びた後、畠続投の判断について言及。「投手は1イニング20球以上を投げていると、バテが来る。新井に打たれた時点で、このイニング23球。続く田中広に四球を与えた時点で、このイニング30球。ここで代えても良かったかもしれない」と振り返った。

 ただ、菊池の本塁打低めの難しい変化球を打たれたもの。「畠の打たれた球も悪くはなかった。菊池の意外性を含め、広島の集中力がすごいとしか言いようがない」とうなった。

 高橋監督は田口について「今シーズン一番の出来」としながら、継投のタイミングについて「勝っている時は畠、山口でと思っていた。リードしている終盤は2人で逃げ切ろうと」と振り返った。同点とされた後、畠続投の判断についても「あそこまで引っ張ったのは僕」と言い訳しなかった。

 第3戦は、広島・九里-巨人・今村が先発する。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス