関大・山本隆を10球団スカウト視察 投打に大活躍!完投12KでV打も

 「関西学生野球、関大4-1立命大」(8日、ほっともっとフィールド神戸)

 1回戦2試合が行われ、関大が立命大に先勝した。今秋ドラフト候補・山本隆広投手(4年・桜宮)が9回1失点で12三振を奪い、四回に決勝打を放った。関学大は同大に逆転勝ちで先勝した。

 運命の日を前に猛烈にアピールした。最速150キロ右腕・山本隆が、今春のリーグ王者・立命大相手に12奪三振で1失点完投。スタンドに駆けつけた10球団15人以上のスカウトらに存在感を示した。

 3月末に右肘を剥離骨折し、今秋からリーグ戦に復帰。「僕は春にケガをして、(他のドラフト候補より)スタートラインから遅れている。結果を出さないといけない」。140キロ台中盤の直球と縦のスライダーで的を絞らせなかった。

 今秋ドラフト1位候補・辰己涼介外野手(4年・社)に対しては4打数1安打。「いいパフォーマンスを出せた。感覚は今までで一番いい」と納得した表情を見せた。17年秋の近大戦で完全試合を達成した実績を持つ右腕。25日のドラフト会議を前に、復活を印象づけた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス