文字サイズ

ヤクルトのドラ4・塩見 25打席目のプロ初安打「一生打てないかと思った」

 7回、右前にプロ初安打となる二塁打を放つ塩見(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト6-0阪神」(7日、神宮球場)

 ヤクルトのドラフト4位・塩見泰隆外野手(JX-ENEOS)が、25打席目でプロ初安打を放った。

 五回の守備から出場。七回先頭でカウント2-2から141キロの直球を強振すると、フラフラと上がった打球は右翼線にポトリ。快足を飛ばして二塁打にした。

 7月31日の1軍初昇格から数えて14試合目の出場で奏でた快音。「一生打てないかと思っていた。やっとプロになったかな。ヒットはヒットなので、素直にうれしいです」と記念球を手に満面の笑みを浮かべた。

 一方で、次打者・広岡の三塁前方への高いバウンドのゴロで、三塁に進めず。続くバレンティンの中前適時打で二塁から生還したが、小川淳司監督は「1本出てよかったけど、その後の走塁。うれしかったと思うけど、やるべきことはやらないといけない」と注文を付けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス