文字サイズ

横浜高同級生・松坂も涙…DeNA後藤引退 盟友に一言「ありがとう」

 引退セレモニーで松坂(左)と握手する後藤
1枚拡大

 「DeNA4-2中日」(22日、横浜スタジアム)

 大声援と登場曲「炎のファイター」を背に背番号「55」が現役最後の打席に向かう。2点リードの七回。今季限りで引退のDeNA・G後藤武敏内野手(38)が代打で登場。中日先発・笠原に対し空振り三振に倒れたが、代名詞のフルスイングに温かい拍手が送られた。

 12年にDeNA移籍。第2の故郷・横浜に戻り7年。「今日まで必死にバットを振り続けてきた」という生きざまを見せ、現役生活に別れを告げた。

 試合後は横浜高時代の盟友、中日・松坂、DeNAの小池2軍外野守備走塁コーチが花束贈呈。「目にするのがつらい部分もあった」と松坂も涙を流す。「僕はもう少し頑張るよ。16年間お疲れさまでした」。松坂の言葉に「ありがとう」と後藤。松坂も輪に加わった胴上げで後藤の体は8度、宙を舞った。

 「大声援を送ってくれたファンと、松坂世代の1人でいられたことに感謝して引退します」。逆転CS、そして来季以降の優勝-。夢は後輩たちに託し、誰からも愛された男は静かにバットを置いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス