文字サイズ

巨人、痛い2失点目…コリジョン適用で判定覆る 捕手・大城には警告

 4回、桑原(右)を本塁ベース上でブロックした大城(撮影・棚橋慶太)
4回、DeNA・桑原将志(右)をブロックした巨人・大城=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「DeNA-巨人」(14日、横浜スタジアム)

 四回、DeNAの攻撃で本塁でのクロスプレーを巡って、アウトの判定にラミレス監督がリクエストを出し、リプレー検証の結果、判定が覆りセーフとなった。

 1-0で迎えた四回、1死二、三塁の場面で打者は先発の井納。二塁へのゴロが本塁に送球され三走の桑原はタッチアウトと判定された。しかし巨人の捕手・大城が走路をふさいでいるようにも見え、ラミレス監督がリクエストを出してリプレー検証に入った。

 ほどなく責任審判がアナウンスで、「大城捕手、コリジョンにより、得点。大城捕手に警告を発します」と説明した。これにより、桑原の生還が認められ、DeNAが1点を追加。1死二、三塁で試合は再開された。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス