文字サイズ

清原和博氏が甲子園に姿を見せる 黒いTシャツ姿 金足農ノック見つめる

高校野球決勝・金足農対大阪桐蔭を観戦する清原和博氏=甲子園(撮影・吉澤敬太)
3枚

 覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け、現在執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博氏が21日、大阪桐蔭と金足農の決勝戦が行われる甲子園球場に姿を見せた。

 清原氏は試合開始約20分前に関係者席に着席。雑誌の取材で甲子園にやって来た。黒いTシャツ姿、猛暑の中ハンカチで汗をふきながら、金足農のノックを熱い視線で見つめた。

 清原氏は大阪・PL学園時代に桑田真澄氏とともに1年夏から3年夏まで5回甲子園に出場。1年夏、3年夏に優勝、2年の春夏は準優勝と、高校野球史に残る活躍を見せ「KKコンビ」として名を馳せた。清原氏個人としても、85年に1大会5本塁打を記録するなど、“怪物”ぶりを発揮した。

 同級生の桑田氏は今回の大会で「レジェンド始球式」に登場している。

 清原氏は16年2月3日に覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕され、同年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス