文字サイズ

八戸学院光星、延長戦制し夏20勝 明石商は6点差追いつくも無念

5回、左中間にこの日2発目となるソロを放つ八戸学院光星・東=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「第100回全国高校野球選手権・1回戦、八戸学院光星9-8明石商」(11日、甲子園球場)

 八戸学院光星(青森)が初出場の明石商(西兵庫)を延長戦で下し、2年ぶりの初戦突破を果たした。夏の甲子園20勝目となった。8-8の延長十回、2死一、二塁で中村優惟投手(3年)が左前打。左翼手が後逸する間に二塁走者が生還した。

 持ち前の打力を発揮した。初回に4番・東が先制の2ランを右翼ポール際へ放つと、7-5と2点差に詰め寄られた五回には先頭で打席に入り、1ストライクからの2球目を左中間へソロ本塁打を放った。1試合2本塁打は近江・北村恵吾内野手、大垣日大・小野寺優斗内野手に続き、今大会3人目。

 明石商も粘りを見せ、5-8の七回に植本亮太内野手(3年)、植田貴紗羅外野手(3年)の連続適時打と山本健太朗捕手(3年)のスクイズで同点に追いついた。8-8のまま延長戦に突入したが、八回途中から救援した1年生・中森俊介投手が最後に力尽きた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス