文字サイズ

巨人・高橋監督 痛恨の逆転負け「一番信頼できるストッパーがいったんで…」

 「広島10-9巨人」(20日、マツダスタジアム)

 巨人がショックの大きい黒星を喫した。

 最大7点ビハインドの劣勢を覆し、2本の3ランなどで同点。十回は若き4番、岡本の17号ソロで勝ち越した。その裏、守護神マシソンが2死までこぎつけたが、伏兵下水流に痛恨の逆転サヨナラ2ランを被弾。連勝が7でストップし、首位・広島とのゲーム差が「6」となった。

 ペナントレースの行方を左右するかもしれない一戦で惜敗。マツダスタジアムでは10連敗と、悪い流れを止められなかった。高橋監督は「何とか、追いついて、ひっくり返したんですが…。チームの一番信頼できるストッパーがいったんで、こればっかりは」と悔しさを押し殺した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス