文字サイズ

巨人に相次ぐ不祥事 球団の研修会、勉強会も行き届かず…

柿沢貴裕
1枚拡大

 “球界の盟主”にまたも不祥事が発覚した。巨人は7日、柿沢貴裕外野手が同僚の野球道具などを盗み出し、転売していたとして契約解除したことを発表した。

 球団によると、柿沢はジャイアンツ球場のロッカー室から阿部、長野、坂本勇、陽岱鋼らのバット、菅野や岡本らのグラブ、マギーや亀井らのユニホーム、計110点を盗み、中古ブランド品買い取り専門店に売却する不正行為を行った。消費者金融に借金があり、生活に困窮していたという。今季年俸は500万円(推定)だった。

 巨人では15年、所属選手の野球賭博問題をきっかけに研修会や勉強会を繰り返し、選手やスタッフにコンプライアンスへの意識を徹底させてきた。だが、その後も不祥事は後を絶たない。

 17年7月には山口俊投手が泥酔して暴力トラブルを起こし、出場停止に。今年6月には篠原慎平投手、河野元貴捕手が都内飲食店で裸の動画を撮影し、SNSに公開。球団規則に違反したとして謹慎し、この日、今季中の期限を定めない出場停止処分と7月以降の参稼報酬20%に相当する罰金処分が正式に科された。

 球団では河野、篠原の問題を受け、6月20日に選手や首脳陣を集めてSNS勉強会を開いたばかり。その矢先に新たな問題が発覚し、「当球団の支配下選手がこのような不正を行って、遺憾に思います」とコメントした。

 一方の柿沢は球団を通じて「ライバルであり、仲間だと思って一緒にやってきた選手を裏切ってしまい、申し訳ありませんでした」と、謝罪。23歳と若く、将来性を買われ、16年オフに楽天から巨人に加入。だが、自らの手でその未来を閉ざしてしまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス