文字サイズ

オリックス中島、走塁中にアクシデント 担架で搬出される「左ハムストリングスに痛み」

3回オリックス2死一、三塁、走塁中負傷し、担架で運ばれるオリックス・中島宏之=メットライフドーム(撮影・中田匡峻)
1枚拡大

 「西武-オリックス」(28日、メットライフドーム)

 オリックスの中島宏之内野手が三回、走塁中のアクシデントで起き上がることができず、担架で運ばれた。

 「5番・一塁」で先発出場した中島は三回2死一、三塁で、西野の右前打で二塁を回った時点で転倒。四つんばいになってやっと二塁ベースへと戻った。

 中島は太もも裏を押さえる様子を見せたが、関係者が駆け寄っても体を自ら動かせず、担架に乗せられて搬出された。左ハムストリングスに痛みを感じたためで、そのまま代走小島と交代した。

 中島は初回の1死一、二塁の好機に三ゴロ併殺打、三回の2死二、三塁では右前適時打を放っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス