文字サイズ

オリックスが六回に3連続適時打 リードを7点に広げる

1回、中犠飛を放つオリックス・吉田正尚=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
3枚

 「交流戦、オリックス-DeNA」(15日、京セラドーム大阪)

 オリックスが六回に3連続適時打で3点を追加した。

 4点リードで迎えた六回1死満塁から山足が二塁への内野適時打。なおも続く1死満塁から若月が中前適時打で続き、代打・小田が右前適時打を放ち7点目を奪った。

 初回は鮮やかに4点を先制。初回1死から大城が四球で出塁すると、続く3番・ロメロが右中間を破る先制三塁打。さらに、4番・吉田正がきっちりと中犠飛を放ち2点目。続く5番・中島は相手先発・東のチェンジアップを左翼席へ運ぶ今季1号ソロ。さらに2死一塁からT-岡田が中前適時打を放ち、一挙4点を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス