文字サイズ

近大・小寺4球団スカウトの前で4安打完封「うまくゲームを作れた」

 「関西学生野球、近大5-0同大」(9日、大阪市南港中央野球場)

 3回戦2試合が行われ、近大と立命大が勝ち点を獲得した。近大はプロ注目の最速144キロ左腕・小寺兼功(けんこう)投手(4年・岡山理大付)がリーグ戦初完封して、勝ち点を2とした。首位・立命大は山上大輔投手(4・立命館宇治)が完投して、勝ち点を3に伸ばした。

 小寺が9回4安打無失点で完封し、優勝争いに踏みとどまった。4球団のスカウトの前で、1四球とテンポ良い投球を展開。「スライダーでカウントを稼げて、うまくゲームを作れた」と笑顔を見せた。次節は勝ち点差1で追う首位・立命大との直接対決。エースは「状態は上がっている。立命大と相性はいいので」と快投を約束した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス