文字サイズ

昨夏夏Vの花咲徳栄が競り勝ち ドラフト候補野村が2点適時打

7回、右翼へ2点適時二塁打を放つ花咲徳栄・野村
2枚

 「高校野球春季埼玉大会・2回戦、花咲徳栄4-3川越東」(26日、大宮公園)

 昨夏、甲子園を優勝した花咲徳栄が今年初の公式戦で競り勝った。今秋ドラフト候補の野村佑希内野手(3年)が新チームから本格的に挑戦する三塁を守り、バットでは七回に2点適時二塁打を放った。

 逆方向へもしっかりと打球を飛ばす。2-1の七回2死満塁。右翼手のグラブをかすめる当たりで貴重な追加点を生んだ。「マークされている中で打たなきゃいけない」と誓う4番。右方向への長打に巨人・青木スカウトは「高校生ではなかなかいないタイプ」と評価した。

 新ポジションにも精力的に取り組む。野村は「一冬かけた」と三塁へコンバート。最終回に1度失策を犯したが、積極的に声掛けをするなど主将としてチームをけん引した。

 初戦を接戦で制し、岩井隆監督は「想定内。公式戦を通して怖さを分かってほしいな」とチームの成長に期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス