文字サイズ

日本ハム清宮が“プロ初安打”2軍戦で楽天安楽から二塁打「継続していくことが大事」

7回日本ハム無死、清宮が左中間に二塁打放つ=楽天生命パーク宮城(撮影・堀内翔)
7回日本ハム無死、左中間に二塁打を放ち一塁に向かう清宮=楽天生命パーク宮城(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「イースタン、楽天4-1日本ハム」(17日、楽天生命パーク宮城)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手=早実=が「3番・一塁」で先発出場し、七回の第3打席で二塁打を放ち、“プロ初安打”を記録した。楽天の右腕・安楽がカウント2-2から投じた5球目を左中間へとはじき返した。

 清宮は、イースタンで16日まで10打席無安打。この日は初回1死一塁で迎えた第1打席は、遊飛。四回の第2打席では中飛に倒れていたが、九回の第4打席でも右前打を放ち、マルチ安打をマークした。

 試合後、清宮は「タイミングの取り方を変えたわけではないが、バットの芯に当たったので良かった。いい結果が出てとにかくよかったです。これを継続していくことが大事だと思います」と“プロ初安打”を振り返った。

 清宮はオープン戦7試合出場で19打席ノーヒット。開幕直前に限局性腹膜炎で入院し復帰後は2軍で調整を続けている。

 以下はスタメン。

 【日本ハム】

 1番・左翼 浅間

 2番・遊撃 難波

 3番・一塁 清宮

 4番・三塁 高浜

 5番・右翼 森山

 6番・DH 市川

 7番・中堅 岡

 8番・捕手 郡

 9番・二塁 渡辺

    投手 吉田

 【楽天】

 1番・中堅 聖沢

 2番・二塁 西巻

 3番・DH 枡田

 4番・三塁 内田

 5番・右翼 フェルナンド

 6番・一塁 山田

 7番・左翼 岩見

 8番・捕手 堀内

 9番・遊撃 松本

    投手 古川

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス