文字サイズ

DeNA東、プロ初勝利「想像以上にうれしいです」

 応援団の声援に笑顔で両手を広げるDeNA・東克樹
4回、田中俊(右)を併殺打に打ち取りガッツポーズする東(撮影・棚橋慶太)
プロ初勝利のウイニングボールを手にラミレス監督(左)と笑顔を見せる東(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「巨人4-6DeNA」(12日、東京ドーム)

 DeNAのドラフト1位・東克樹投手=立命大=が、プロ2度目の先発マウンドでプロ初勝利をつかんだ。

 初回に制球に苦しむ乱調を見せたが、二回以降は立ち直り、5回1/3を3失点の投球だった。

 「率直にうれしいです。これがプロで勝つことなんだなと実感しました。想像以上にうれしいです」

 勝利を見届けると、ヒーローインタビューで初々しく喜びを表現した。

 初回の攻撃では3点を奪ってなお2死一、二塁で、自ら中前適時打。投球の前にプロ初安打と初打点を記録した。だが、5点の援護点をもらった初回の投球では坂本勇、吉川尚に連続四球を与えると、1死後にマギーに左中間への3ランを浴びた。

 「体が浮ついて全然ダメだった」と振り返ったが、ここからフォームを修正して見事に立ち直った。投球のテンポを取り戻し、五回2死一、三塁の危機では岡本を147キロの直球で見逃し三振に仕留めて大きなガッツポーズを作った。

 前回5日の阪神戦(横浜)では7回1失点もプロ初黒星を喫したが、この日は満面の笑みでウイニングボールを掲げた東。「プロで1勝したよってことを両親に伝えたいです」と感謝を口にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス