文字サイズ

メッセ 暴言で二回に退場処分 来日9年目で初

 2回、白井球審(奥)への暴言で退場となるメッセンジャー
2回途中、審判への暴言により退場する阪神 ランディ・メッセンジャー=甲子園(撮影・北村雅宏)
2回、判定に納得いかず、白井球審(手前)に詰め寄って声を荒げるメッセンジャー(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神-広島」(12日、甲子園球場)

 阪神の先発・メッセンジャーが退場処分を受けた。

 二回のマウンドだ。3連打などで2点を失い、なおも2死満塁で松山の打席。フルカウントから際どいコースの直球をボールと判定されて押し出しとなると、マウンドから降り球審・白井に詰め寄るような形で、暴言を吐き感情を爆発させた。これに球審が退場のコール。

 金本監督や香田投手コーチらが出て抗議したが覆らず「メッセンジャー投手を暴言により退場処分とします」とアナウンスされた。

 代わって石崎がマウンドに上がり、エルドレッドを空振り三振に抑えた。

 メッセンジャーの退場処分は2010年9月8日・中日戦以来となる。この時は危険球での退場。審判への暴言での処分は、来日9年目で初めてだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス