文字サイズ

DeNA・東 プロ初登板初先発で7回1失点も黒星「1球の重みと大切さを痛感」

 「DeNA0-2阪神」(5日、横浜スタジアム)

 DeNAのドラフト1位・東克樹投手がプロ入り初登板初先発を果たし、7回を6安打1失点、9三振を奪う好投を見せた。

 初回に先頭・高山を150キロのち直球で空振り三振に取ると、この回のアウトをすべて三振で奪う立ち上がり。四回1死一塁から甘く入ったカーブを福留に右越え二塁打とされ、続く大山の左犠飛で先制点を献上。それでも、その後は強力な阪神打線を抑えた。

 「緊張もしなかった。楽しんで投げられたと思う」と話すも、「(福留への)高めに浮いた失投が、結果、点につながった。1球の重みと大切さを痛感した」と反省も忘れなかった。

 新人左腕の力投に、ラミレス監督も「本当に素晴らしい投球。期待以上にやってくれた」と絶賛。打線が奮わず敗戦となったが、また1人、チームに頼もしい投手が加わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス