文字サイズ

巨人復帰の上原浩治「野球がしたかった」 NPB他球団からの誘いも明かす

新しい背番号11を背にガッツポーズをする上原浩治=東京ドームホテル(撮影・園田高夫)
笑顔で入団会見にのぞむ上原浩治=東京ドームホテル(撮影・園田高夫)
2枚2枚

 前カブスの上原浩治投手(42)が古巣・巨人へ10年ぶりに復帰することになり9日、都内のホテルで入団会見を行った。この日午後、巨人と契約を締結し、「やることはひとつだけ。一生懸命やる、がむしゃらにやる。それだけ。チームの優勝に向けて、勝ち星に貢献したい」と抱負を語った。

 上原は昨オフ、カブスをFAとなり、大リーグでの移籍先を模索したが決まらず、日本球界復帰を決断。5日の帰国後、巨人と水面下で交渉を重ねていた。

 背番号「11」に決まった右腕は「正直なところ、メジャー契約を待っていたが、いい条件がなかった。ほかの日本の球団からも話はあったが、巨人から熱意あるお話があった。野球がしたかった、その気持ちが一番強かった。こちらから高橋監督に電話をして“お願いします”と伝えました」と契約に至った経緯を明かした。

 上原はメジャー9年目の昨季は49試合に登板し、3勝4敗2セーブ、防御率3・98。巨人はカミネロ、マシソン以外の中継ぎ陣が未知数で、補強ポイントにも合致していることから上原の獲得を決断。復帰後は勝利の方程式の一角を担うことが予想される。

 鹿取義隆GMは「上原投手が10年ぶりに巨人軍に戻ってくれました。巨人で10年、メジャーで9年の実績もあり、何も心配はない。日本一奪回に貢献してくれると信じています。チームメイトに経験を伝える役割も担ってもらう」と期待を寄せた。

 13年にはレッドソックスで世界一にも貢献。日米通算で134勝128セーブを誇り、13年にはレッドソックスの世界一にも貢献した右腕は、同い年の高橋監督の胴上げのため、10年ぶりに巨人のユニホームに袖を通すことになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス