文字サイズ

DeNA・ラミレス監督、ソト外野転向プラン 競争激化だ

練習試合前に日本ハムでも指揮を執った韓国・SKのヒルマン監督と握手をするラミレス監督(右)=沖縄・宜野湾
1枚拡大

 「練習試合、DeNA1-2SK」(28日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)は28日、1カ月におよぶ春季キャンプを終え、野手のMVPに新外国人のネフタリ・ソト内野手(28)を選出。この日の練習試合、韓国・SK戦(宜野湾)で来日初めてソトに外野を守らせるなど、さらに外野の定位置争いを激化させた。

 「野手のMVPはソト。(実戦で)打率は3割を超え、4本塁打を放っている」とラミレス監督。この日のSK戦は「6番・右翼」で先発。強風の中で無難に守備をこなした。

 試合終了後には実戦で不振だった2年目・細川の2軍合流が決定。ラミレス監督は「(ソトが)外野を守る機会が増える」と説明。3月中旬に1軍合流の梶谷に新人のドラフト2位・神里(日本生命)や同8位・楠本(東北福祉大)を加え、オープン戦でしのぎを削る。

 開幕1軍には外国人枠も高いハードルとなるが「キャンプMVPはうれしい。今後もがんばりたい」と意気込んだソト。新戦力の台頭で優勝に不可欠な戦力層の厚みが増し、沖縄での1カ月を終えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス