文字サイズ

日本ハム中田、検査結果は右肩炎症 第2クールはノースロー調整

金子コーチ(右)と右肩の状態を確認する中田(左)
下手投げをする中田
2枚2枚

 「日本ハム春季キャンプ」(6日、スコッツデール)

 日本ハムは、前日に右肩の違和感を訴えた中田翔内野手が「右肩の炎症」と診断されたことを発表した。

 5日のキャッチボールの途中から離脱し、その後はスローイングを回避。練習後に病院でMRI検査を受け、この日も病院で診察を受けた。第2クール中はノースロー調整を続け、第3クールから再開できる見通し。10日(日本時間11日)の韓国・KT戦も出場できる見込みだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス